1日、2日、3日、4日、5日の言葉

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成14年、2002年版
 
1401

1日 神との一体感を深める祈りで一日を始めよう
 
毎朝その日のいとなみを祈りをもってはじめましょう。懇請や懇願の祈りではなく、神との一体感を深める思念からはじめるのであります。神との一体感が深まるにつれて、あなたの日常生活が神の叡智によって導かれるようになり、何事を行ってもそれがスラスラ行くようになるのであります。
谷口雅春著『新版 真理』第9巻「生活篇」より
 
 
1402

2日 明るい未来を築くのは、明るい心と言葉である
 
「明るい未来」を作るには、先ず明るい心になり、明るく積極的なコトバを使うようにしたらよいだろう。人間及び生きとし生ける者の限りない力、生命力、叡智と愛とに心の焦点を合わせて、たよりないこの世の利益や収入ばかりにアクセクせず、限りない未来がアルことに思いを馳せるのである。
谷口清超著『明るい未来のために』より
 
 
1403

3日 「必ずよくなる」という希望があなたを成功に導く
 
ヘレン・ケラー女史は「楽天主義こそ一切を成功にみちびくところの信仰である」と云いました。楽天主義とは、ものの明るい方面ばかりを見て、つねに「よくなる」と云う希望を失わない「考え方」です。暗いところでは大きな樹はそだちません。人間でも同じです。心に日光をもつことです。
谷口雅春著『新版 生活読本』より
 
 
1404

4日 “笑う”ことは、全身で行う“健康体操”である
 
平生よく笑っている人は、胃も腸も、ご機嫌よく、すばらしい働きをして、健康をたもってくれる。つまり、“笑う”ということは、全身で行う“健康体操”のようなものである。だから少々身体の調子がわるく、気分がすぐれない時でも、「笑う」ことによって、調子をよくすることが出来るのである。
谷口清超著『人生はドラマである』より
 
 
1405

5日 朝の時間はもっとも大切な、いのちの宝石である
 
たとえば十分間の朝の時間を生かして何かをやるとしよう。すると一日は十分でも、朝の時間はとても気持よく能率が上るから、それは大切な時間になる。一見
こま切れのような時間だが、実に充実した時間だから、これを活用しないという手はない。朝の時間は、いのちの宝石だと思って頂きたい。
谷口清超著『すばらしい未来を築こう』より

6日、7日、8日、9日、10日の言葉

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成14年、2002年版
 
1406

6日 愛の言葉は、相手を生かし自分も生かす
 
柔らかく温かい感じのする言葉は、相手を生かすとともに自分自身をも生かすのである。言葉は創造主であるから、柔らかく温かい感じのする言葉を使うように心掛けていると、次第に自分自身に温かく柔らかい性格が養成されるようになり、容貌までにも温かく柔らかい感じがあらわれて来るのである。
谷口雅春著『新版 女性の幸福365章』より
 
 
1407

7日 病気は悪くなるのではない。浄化への道である
 
病気とは、心の中に何か不調和なものがあるのが病気である。肉体に不調和があらわれたこき、先ず吾々は、その“痛み”に「よくぞ警告を与えて下さった」と感謝し、自分の心の中に如何なる不調和があったかを反省し、それらを心から放ち棄てるようにすれば病気は消えてしまうのである。
谷口雅春著『新版 真理』第10巻「実相篇」より
 
 
1408

8日 先祖を大切にしよう、その家は栄える
 
親と子と孫と祖父母とご祖先とは「命の樹」のようなものである。ご祖先は根っこにあたり、子供や孫は枝葉や果実に当たる。だから仏壇や神棚などに毎日お経を誦げ、線香やお花等をお供えするのはとても良いことで、こうして「命の樹」が栄え、良い果実(子供や仕事などの成果)が実ることになる。
谷口清超著『美しい国と人とために』より
 
 
1409

9日 人類に献げること最も多き者が、最も多くの幸せを得る
 
世の中で偉人と言われる人は皆ひとに愛行をほどこし、深切をし、奉仕した人です。いたずらに功名心にかられ、富や地位を追いかけ廻したものは、皆最後には没落して悲惨な運命を辿っているのです。多くの人に奉仕し、多くの人々の幸福のために働く事ほど貴い事はありません。
谷口清超ヒューマン。ブックス1『愛と祈りを実現するには』より
 
 
1410

10日 内なる心を支配するものが、外なる環境を支配する
 
外なる環境は、すべて内なる心によってつくり出されたのであり、「環境は心の影」であります。自己の心を自由自在に処理しうる人のみ、凡ゆる環境に処して、それを自由に変化することが出来るのです。環境を変化するというよりも、むしろ、自分の欲する環境がそのままあらわれて来るのです。
谷口清超新書文集2『神は生きている』より

11日、12日、13日、14日、15日の言葉

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成14年、2002年版
 
1411

11日 「善くしてやろう」ではなく、「すでに善いのだ」と思え
 
善くしてやろう、という想念は相手を害し、すでに善いとの想念は相手をよくするのです。決して相手を縛って導こうとしてはなりません。相手の「神の子たる善さ」を信じてその自由にまかせておくのです。かくて人は本当の自由にまかせられるとき、正しく生きるようになるのであります。
 
 
1412

12日 父母が明るく仲がよいと、明るいよい子が育つ
 
人はみな、その教育を最初に家庭の父母からうける。だから父母が明るいと、明るい心の子が育つ。父母が助け合い、深切な行いをしているならば、自然にそれが子供に伝わり、彼らの一生を明るく、楽しく、助け合いの人生とするのである。小さいころから子供に「よいこと」を教えることが大切である。
谷口清超著『幸せなわが家から』より
 
 
1413

13日 神の心を心としたとき、永遠の価値ある仕事ができる
 
もしあなたが世界的な仕事をしたいと思うなら、神のみ心が、そのままその人の心であるような人物になれ。そうすれば間違いなく「世界的仕事」を成し遂げることができる。何故なら神が凡ての創り主であり、真の世界の支配者だからだ。神の心を心とした者は、永遠の価値ある仕事ができるのである。
谷口清超著『理想国へのご招待』より
 
 
1414

14日 愛の実践はあなたに長寿と幸運を約束する
 
〝神の子”たるあなたには神の愛が宿っているのである。あなたが、内に宿る神の愛を外にあらわして、常に人々に愛を施し、常に人々に深切を尽くすならば、そこに神があらわれるのであるから、あなたに於いて、神の無量寿があらわれ、あなたは長寿の生命を生き、老いる事がなくなるのである。
谷口雅春著『神と偕に生きる真理365章』より
 
 
1415

15日 困難は内なる能力を引き出してくれる〝味方”である
 
困難は〝敵”ではないのである。それはあなたの中にある力(能力)を引き出してくれる〝味方”なのだ。それ故困難を恐れたりしてはいけない。今は「難しい」と思っても、その困難を引き金として、力を出し、努力して行くと、やがて「易しい」と思えるようになる。
谷口清超著『「人生学校」はすばらしい』より

16日、17日、18日、19日、20日の言葉

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成14年、2002年版
 
1416

16日 あなたの内にはすべてを癒す自然療能力が宿っている
 
吾々の内部にいて、吾々の生理作用を営ましめている力は「内在の神」である。この「内在の神」は常に内よりわが「肉体」と云う道具を修理し、栄養を与え、若返らしつつあるのである。吾々は常にその力を認めて感謝するとき内部に宿る神の力は一層完全に働いて自然療能力が盛んになるのである。
谷口雅春著『新版 真理』第2巻「基礎篇」より
 
 
1417

17日 一人がよいことをしても、世界が変わる
 
問題はたった一人の行動にだけあるのではないが、一人が変わっても、世の中の出来事は大きくちがってくる。すこしでも善いことをすると、それだけ国がよくなるのである。そしてそれによって世界的にも貢献して行くことができる。一人でもできる!一人がやらなくては、何も実現しないのだ。
谷口清超著『美しい国と人のために』より
 
 
1418

18日 本当の幸福は心の平安から生まれる
 
幸福は常に内より来る。外に百万の富があろうとも、心の中に平和がなければ何の幸福ぞや。外に何の富がなくとも、心に平和ありて、人を愛することが出来るとき、それが本当の幸福なのである。心の中の平和は神との一体感によって得られるのである。神から遠ざかるから淋しくなって来るのである。
谷口雅春著『新版 幸福を招く365章』より
 
 
1419

19日 他人の成功を祝福する者は無限の祝福を受ける
 
人間は一人ではない。自他一体である。だから他人の成功を祝福して、共によろこんであげれる。その広い心が、自分をも高め上げ、他からの無限の祝福をうけるのである。人は、自分のやった結果を、自分でうけとる者だ。人を憎めば、自分も憎まれるし、人を尊敬すれば、自分も尊敬される。
谷口清超著『人生はドラマである』より
 
 
1420
20日 「時間」はあなたが持つ最大の資源である
 
「天才とは努力の別名である」というが、天才ある者も時間を生かさずしてその天才を伸ばさなければ凡才になってしまう。諸君よ、今日、時間をたくみに生かそうと決心せよ。「今」の時間は利用しなければすみやかにすぎ去る。しかしこれを生かして利用するとき無限の価値を生み出すのである。
谷口雅春著『生命の實相』頭注版第7巻より
 
 

21日、22日、23日、24日、25日の言葉

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成14年、2002年版
 
1421

21日 「人のために仕える」精神を持つ者に失業はない
 
人のためになる仕事は、浜の真砂がつきるとも決して尽きるということはないのであります。ただ尽きるのは、あなたが人のために働きたいというサービスの精神が尽きるだけなのであります。ですから働く気持ちさえあるならば、人間は職業がなくて困るということはありえないのです。
谷口雅春著『生命の實相』頭注版第8巻より
 
 
1422

22日 全てを有難く思う者は人生の勝利者となる
 
明るい心持はすべてのものの基礎になるものなのです。太陽を見ても有難い、空気を吸っても有難い、御飯をたべても有難い、仕事をしても有難い、自分の行くところ、見るもの聞くもの、皆な有難くなるような人こそ出世する人であり、病気に罹らぬ人であり、長生する人であります。
新選谷口雅春法話集8『愛と光の生活』より
 
 
1423

23日 人間は皆、祖先と共に生きている
 
人間のいのちというものは、神から発して祖先をずーっと貫いて、父母を通して、今ここに生を享けているのであって、個人のいのちが突如として出現したのではない。だから吾々は、個人と見えていても、個人に非ずして、全ての祖先のいのちと、その体験記録が今ここに生きているのである。
谷口雅春著作集第2巻『即身成佛の真理』より
 
 
1424

24日 目前の困難は、大いなる飛躍のチャンスである
 
冬は春への準備の時である。植物は花をつけ、動物は活動を強化し、生命を躍動させる。それまでにまず「冬に堪える」ことが必要である。一時的には屈するようでも、その力をもって、高く強く飛躍するのである。外は暗いようでも、春の日ざしは、もうすでに今ここに射しはじめているのである。
谷口清超著『伸びゆく日々の言葉』より
 
 
1425

25日 すべての人間に天才と使命とが与えられている
 
人間は、何かの目的をもって「作られた」ものである。それは「神のみこころ」といってもよい心によってであり、決して偶然ではない。心には目的というか意志というようなものがある。だから、人間には「使命」がある。特別の役割があり、その人でなければできない仕事があるのです。
谷口清超著『本当のことが知りたい』より
 
 

26日、27日、28日、29日、30日、31日の言葉

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成14年、2002年版
 
1426

26日 何事も楽しく悦んでやれば、無限の力が湧き出る
 
何事をやるのでも、たのしく生々と、のびのびやることが大切である。いつも悲壮感を漂わせ、しかめつらをし乍ら、ハチマキをしめ歯をくいしばっていると、実力が出て来ない。もっとおおらかで、のびのびと「神の子・人間」の人生をたのしもう!そうすれば、あなたはどんどん伸びる。
谷口清超著『愛と希望のメッセージ』より
 
 
1427

27日 よい事は「今」すぐ、思い切ってやろうではないか
 
新しく、有意義なことを、やり始めよう。人は誰でもやりたいことが一杯ある。それらをすぐやり始めよう。「やっても、三日坊主だから」と、最初からやらないよりも、三日坊主でもよいからやり出せ。するともしかしたら四日、五日と続くのである。そこから、必ず新しい人生が開けてくる。
谷口清超著『伸びゆく日々の言葉』より
 
 
1428

28日 「与え切る」生活をする者に、無限の富は流れ入る
 
もし私たちが「与え切る」生活になるならば、真空のところを、空気が自然に埋めるように、宇宙に満つる富が、自然に埋めてくれることになるのである。富を造ろうと思うならば、先ず「与える」ことによって、「富」の流れ入るために真空状態を造らなければならないのである。
谷口雅春著『新版 希望を叶える365章』より
 
 
1429

29日 「祈り」は、神と人間との不可欠の交わりである
 
人間が神の声明から生まれたる神の子である以上、神と共に静かに語る時間を持つと云う事は、親子が静かに語る時間を持つと云う事であって是非とも必要なる当然の行事である。祈りの時間とか神想観の時間とかは神と静かに語る時間である。神に感謝して、純粋に神と対話する時間である。
谷口雅春著作集第1巻『光明法語<道の巻>』より
 
 
1430

30日 人を外見で判断するな。内なるその人の神性をみよ
 
人間をその外見や、服装や、生活習慣によって判断してはならない。実相を見てその「神性」(仏性)を拝まなければならないのである。どんな人も皆、神の子であり、その神の子の性質が何人にも宿っているのであるから、どんなに悪く見える人も、その奥に神性が輝いているのである。
 
 
1431
31日 幸せになるには、小さな善の積み重ねが必要である
 
人はとかく小さなことをないがしろにする。ちょっとした言葉でも、人の心を傷つけることがある。それを続けていると、ちょっとが大事件にまで発展する。だから小事をあなどり、「これくらいはいいや」で日々を過ごしてはいけない。幸せになるには、小さな善いことの積み重ねが必要である。
谷口清超著『幸せへのパスポート』より

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例