21日、22日、23日、24日、25日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 日めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成13年、2001年版
 

1121
21日 自分にも他人にも深切であれ
 
「自分に深切にする」とは、もっと十分自分のことを考えてやることです。たいていの人は、いい加減不深切に自分自身を扱っているのです。腹を立てれば気持が悪くなります。それは、深切な扱いとは言えないでしょう。だから誰に対しても好い気持にしてあげるのが、その人に深切なのです。
谷口雅春著『人生読本』より
 
 
1122
22日 言葉は人生の彫刻師である
 
正しき言葉は正しき人生を彫み、正しからざる言葉は邪まな人生を彫造する。正しい言葉、光明の言葉をあなたがもし日毎読むならば、そしてそれを思念するならば、その言葉の種はあなたの心の中で芽をふくのです。正しき行為、悩みなき人生が次第にあなたの眼前に展開されて来るのです。
谷口清超新書文集2『神は生きている』より
 
 

1123
23日 あらゆる困難に打ち克つ力を養うことが教育である
 
どんな困難にも、打克ち得る力を養うのが教育なのです。親自身が困難を避けてラクな道を歩もうとするようであれば、子供は親の心の影であるから、ラクな道を歩んで行こうと云う心の傾向を持つものなのです。親たる貴方自身が、くらいりと転回しなければならないと思います。
谷口雅春著『新版 真理』第6巻「人生篇」より
 
 
1124
24日 この世は喜びを表現するための舞台である
 
人がこの地上に生れて来たということは大変有難い。もし天国で一人ぼっちでいたら、どんなに完全なあなたであっても「喜べない」だろう。それは喜びが人や他の者との関わりで生れるからである。つまりこの地上という現象界は「喜び」を現すための表現の舞台なのだ。
谷口清超著『すばらしい未来を築こう』より
 
 
1125
25日 与えられてるものに感謝し、大いに活用せよ
 
次のものを求るむるよりも前に、既に与えられているものに感謝し、既にあたえられている自分の富を、愛を、能力を、深切を、充分人に与え、且つ働かせてからこそ、新たなるものを求むるべきである。その時にこそ神が既に豊かに汝に与えたまうている物を取る力が出来ているのである。
谷口雅春著作集第1巻『光明法語<道の巻>』より
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例