1日、2日、3日、4日、5日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成6年、1994年版
 

601
1日 人間は日々新たに生まれる
 
新しき朝を迎えて、わが心に神の光射し入り過去の一切の暗黒は、わが心の中から消え去ってしまったのである。神の光明輝く愛がわが心の中に照り輝くが故に、環境はわが心の影として、神の輝く愛がわが家にも充満し、平和と喜悦と調和と安心感とがわが家庭の隅々にまで行き亙っているのである。
谷口雅春著聖経版『続真理の吟唱』より
 
 

602
2日 明るくほほえむ人に、人生はほほえみかける
 
すすんで明るい言葉を発し、明るい笑顔でわらいかけると、人生の方でも、あなたにほほえみかけてくれるのであります。何故なら「人生」とは鏡のようなもので、あなたの表現や態度や行いを、そのままうつし出して見せてくれる「観世音」の原理であるからであります。
谷口清超新書文集1『もっと深く愛そう』より
 
 
603
3日 人間は無限に進歩向上する
 
人は、絶えず進歩向上する。それ故現在の未熟さによって、劣等感に陥ってはならない。劣等感をもつ者は、その背後に「神の子・人間」の実相があることを知って、大いなる自信をもて。「おれはつまらぬ者だ」と思うのは、本当の自分が未だ現れていないことに対する、詠嘆であるにすぎないのだ。
谷口清超著『智慧と愛のメッセージ』より
 
 

604
4日 生命の糧は智慧と愛である
 
種を蒔いても収穫の得られないことがあります。たとえば石地の耕さない固い地面に、ポッと種を蒔いたとしても発芽しないか、発芽しても大した収穫は得られないのであります。耕さないのは労力(生命)を与えていない。愛念を与えていない。又、石地に蒔くのは智慧が足りないのであります。
谷口雅春著『日常生活の中の真理 無門関・聖書篇』より
 
 

605
5日 良心の囁きには忠実であれ
 
常に自己自身の「内部理想」のささやきに対して正直であり、素直でなければならないのである。「内部理想」こそが諸君の「本当の自分」であって、この「本当の自分」の要求を殺してしまうならば、自分自身が死んでしまうのである。真に生きる道は、自分の「内部理想」を生かすほかはないのである。
谷口雅春著『青年の書』より
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例