21日、22日、23日、24日、25日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成6年、1994年版
 
621
21日 神の世界に何一つ矛盾はない
 
この世界は本来、神の智慧によって造られたのであるから、すべての存在(人間及び一切の生物を含めて)は、その各々のあるべき正しきポジションがあり各々その個性を発揮しつつ、その正しき位置に坐るとき、少しも矛盾なく摩擦なく快適に生活することができるようになるのである。
谷口雅春著『榮える生活365章』より
 
 
622
22日 わが行くところには勝利あるのみ
 
神の生命と直結し、神の智慧と愛と生命とを地上に実現せんとする意欲に燃える者にとって不可能ということはないのであります。不可能は、神を吾が内に自覚しないが故にそう思われるのです。吾々は神によって生かされている「神の子」でありますから、やとうと思えば必ず出来るのです。
谷口清超ヒューマン・ブックス1『愛と祈りを実現するには』より
 
 
623
23日 希望を失わずに進め、道は開ける
 
神の世界には、決して袋小路はない。行き詰ったと見えるのは常識の心が行き詰るのである。ぶつかって行け。最後のギリギリのところまで希望を失わずに進んで行けば、必ず道が開けるのだ。途中で投げ出したり、引返したりしては駄目である。負けたと思ったら負ける。
谷口清超新書文集2『神は生きている』より
 
 
624
24日 心が明るく伸び伸びとすると全てがよくなる
 
本来人間は実に健康であり、すばらしい「無限力」の持ち主である。この「実相」の完全円満であるという信仰をはっきり胸にたたみ込んで、明るくのびのびと、愛ふかい祈りの日々を送ってゆかれましたならば、必ずよい事ばかりがあらわれて、ここに「地上天国」があらわれてくるのです。
谷口清超ヒューマン・ブックス2『運命の主人公』より
 
 
625
25日 自由とは法則に従うことである
 
宇宙の法則そのものがいのちなのですから、法則を破ることをしたら、吾々はいのちを自殺していると云うことになるのであります。ですから吾々は常に法則を守らなくてはならないのであります。法則は決して自由に反するものではなく、真の自由を生かすものであります。
新選谷口雅春法話集3『幸福の原理』より
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例