16日、17日、18日、19日、20日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成11年、1999年版
 
1116
16日 地位、名誉、財産は“影”だ。“影”を追ってはならない
 
人はいつしかその環境に安住して、物欲にとらわれたり、地位にしがみついたり、名声を追い求めて執着する。執着を捨てるというのは、人生最大の課題である。どんなに捨ててもよいのだ。本当の愛や智慧、個性、使命は決してなくならない。これにくらべ名誉や財産などは、単なる幻影にすぎないのである。
谷口清超著『純粋に生きよう』より
 
 

1117
17日 依頼心を捨てると、無限の生命力が湧いてくる
 
依頼心を起こしただけ、われわれの生命力は小さくしか発現せず、われわれの健康も小さくしか発現しないのであります。依頼心を起こさないで、どこどこまでも自分の生命力を掘り下げてゆくものはついに無限の生命力を噴湧する「大生命」から豊かな健康の供給を受けることができるのであります。
谷口雅春著『生命の實相』頭注版2巻より
 
 

1118
18日 “互いに半分の魂”だから夫婦になったのである
 
どんな手続きで結婚しようとも、夫婦となったものは、“互いに半分の魂”だから夫婦になったのである。これが“内在の実相”である。だから、どんな夫婦でも其の“内在の実相”互いに仲よく、かれらが互いに一緒に住むということは、「実相においては幸福であるほかはない」のである。
谷口雅春著『新版 女性の幸福365章』より
 
 

1119
19日 人生に値引きはない。その人の心だけのものが投げ返される
 
人生は払っただけの値段のものを受取ります。時勢は正札附でありますから値切ると安い値段で幸福が得られると云うような考えを捨てなければなりません。あなたが何か良き事物を得ようと思われましたならば、今日唯今、自分の持てる最も値いのある物を献げなければなりません。
谷口雅春著『眞理』第2巻「基礎篇」より
 
 

1120
20日 われらは種を蒔く人である。常に善行の種を蒔け
 
われわれは、コトバの種や想いの種を蒔くのです。それは、眼に見えぬ小さい種ですが、それが段々生長して、眼に見える形にまであらわれて来るのです。だから、言葉に出すことや、心に思うことは出来るだけ善いことばかりを思うようにしなければなりません。健康ばかり、繁昌ばかりを思うことです。
谷口雅春著『眞理』第1巻「入門篇」より
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例