1日、2日、3日、4日、5日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成12年、2000年版
 
1201
1日 「有難うございます」という言葉から一日を始めよう
 
朝目が覚めたときが一日の出発である。一日の出発を祝福されたるものとするには、既に与えられている祝福を数え上げることによってそれを感謝することから始めねばならない。目が覚めると唇に「ありがとうございます」と感謝の言葉からその日の生活を始めるのである。
谷口雅春著作集第1巻『光明法語<道の巻>』より
 
 

1202
2日 今を生かせ 宝は今ここにある
 
宝物は遠い手のとどかぬ彼方にあるのではなく、今、此処にあるのであります。極楽浄土は、「此処を去ること遠からず」であります。あなたは今、あなたの人格完成に最もふさわしい仕事の上に立っているのであります。一弾指のうちに、それがあわられて来るのであります。
谷口清超ヒューマン・ブックス1『愛と祈りを実現するには』より
 
 

1203
3日 笑いはこころを明るくし、万病を癒し幸せを呼びよせる
 
常にニコニコ微笑している者は身体も達者であります。人間は愉快なときにも笑いますが、笑っていると愉快になるのです。わらっているとズンズン健康になってくるのです。こう云う人は何をしても成功します。それは光明の雰囲気を放射する人になったからです。
谷口雅春著『新版 生活読本』より
 
 

1204
4日 真理は理屈ではなく実行によって体得される
 
悟ったような顔をしていても、それは真の悟りではない。有難いようなふりをしているだけでは駄目であって、心の底から感謝することだ。それには、とにかく感謝行をすることである。豁然として大悟するのは、感謝行をするからである。理屈ではなく実行することによって真理は体得されるものである。
谷口清超著『いのちを引きだす練成会』より
 
 

1205
5日 神の導きに正しく従う者に失敗はない
 
常に大知恵の地下水から、知恵の供給を受けるようにしていましたなら、決して失敗をなすことはないのであります。なぜならわれわれの魂の内部から光が射してきてわれわれを導いてくれるからであります。その光は、永遠に導き誤ることのない無限に完全な神の知恵であるからであります。
谷口雅春著『生命の實相』頭注版第8巻より
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例