16日、17日、18日、19日、20日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成12年、2000年版
 
1216
16日 「好きで続ける」と内在の「宝」が堀り出される
 
この「好きで続ける」ということが大切だ。いやいや、仕方なしにやったのでは、決してよいものは出て来ない。「好きでたまらない」ものからは、天才が出てくる。そしてそれはいくらでもやれる。知らず知らず、練習が出来、それが内在の“宝”を堀り出すのである。
谷口清超著『創造的人生のために』より
 
 

1217
17日 困難は飛躍への跳躍台である
 
いかに悲観すべきことがあらわれてこようとも、その前に崩ず折れてしまってはならないのであって、それを吾々の跳躍台となすべきである。この「跳躍台」がなかったならば、吾々の内なる力は現われてこないのだ。吾々は「跳躍台」を一つの手段として飛躍する。
谷口清超新書文集10『人生の断想』より
 
 

1218
18日 真の愛は「与えきり」である
 
愛するとは、その相手から何事かを要求したり奪ったりすることであると考えるとき、愛は人間にとっての悩みのこととなります。愛するということは、相手から何事かを奪いとることではなく、相手に与え、捧げ、奉仕することであります。真の愛は「与えきり」であり、報酬を求めようとしないのです。
谷口清超新書文集9『愛情教室』より
 
 

1219
19日 必要な仕事は神より与えられる
職業がないからば、「神よ、あなたの生命と愛と智慧とをわが生活を通して実現したまえ。あなたの凡ゆる善をわが生活に実現することを得せしめ給え」と祈るがよい。そして祈りの後に自然に出て来た仕事に忠実につくすがよい。其処から次のあなたの本当の仕事が導き出されて来るのである。
谷口雅春著『新版 希望を叶える365章』より
 
 

1220
20日 家庭の中心は父親であって子供ではない
 
子供は家庭の中にはなくてはならない存在です。しかし年中子供のことばかり考えることが子供の幸せであるかというと、決してそうではありません。そんな両親の愛は、かえって子供をスポイルするからです。家庭の中心は、何といっても父親であるべきであり、子供のない家庭では夫であるはずです。
谷口清超著『父と母のために』より
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例