21日、22日、23日、24日、25日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成12年、2000年版
 
1221
21日 幼な児が親に頼るように神に頼れ
 
幼な児の親にたよるがごとく神に頼り切れ。不安があるのは頼り切らないからだ。頼っている幼な児を捨てる親はあるまい。頼り切れないのは『生命の実相』を知らないからだ。『生命の実相』はなんじらの父であり、母である。皆の者は悉く『生命の実相』から這い出して来た子供である。
谷口雅春著『新版 ひかりの語録』より
 
 

1222
22日 智恵や愛の生長に年齢の制限はない
 
能力というものは、今あらわれているだけのものが全てではない。肉体の力なら、何歳までにのびなければ、あとはもう出て来ないということもあるかも知れぬが、心の力や、魂の力は、これからいくらでも無限に出てくるのです。知恵も、愛も、どれだけでものびて来るのです。
谷口清超著『本当のことが知りたい』より
 
 

1223
23日 病気にとらわれるな健康な箇所に感謝せよ
 
胸さん、有難う。頭さん、有難う。目さん、有難う。足さん、手さん、有難うと凡ゆる部分に感謝して行けば、どんなに沢山「健康なところ」がのこされているかが判るであろう。病気の部分ばかりで頭を一杯にせず、よいところや、すばらしい所を頭で一杯にしよう。そうすれば必ず健康になる。
谷口清超著『智慧と愛のメッセージ』より
 
 

1224
24日 神様の心になって見ると世界の景色が変わる
 
神様の心を自分の心に映し出して、神様の心で人を見る。すべての出来事を見る。そうすると、今まで見ておった世界とちがう世界が現(で)てくるのです。善き世界が現(で)てくるのです。本当に神の創造(つく)り給うたエデンの楽園みたいな世界が現(で)てくる。その心で病人を見れば、病気が消えたりするのです。
谷口雅春著『新たに生まれるために講話』より
 
 

1225
25日 悲劇の背後に隠された「神の愛」を観透す心をもて
 
「悲劇」が起こったとしても、それを契機として、“霊的高所”に出ることは、常に可能である。その方法は、この「悲劇」を「悪い事」という狭い枠の中に閉じ込めてしまわないことだ。現象の悪の背後に隠されている「神の愛」や「摂理」を観透す心をきたえることが大切なのだ。
谷口清超新書文集4『真実を求めて』より
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例