26日、27日、28日、29日、30日、31日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成12年、2000年版
 

1226
26日 真の教育とは内在の神性・仏性を引き出す事である
 
教育というものは、教え込むのではなくて本来の「円満完全性」を引き出すのでありますから、その「円満完全性」を信ずることが先ず根本にならねばなりません。「信ずる」次には「観る」ことが必要です。「信じて観る」ことによって、内在の円満完全性があらわれて来るのであります。
谷口雅春著『生命の根元を培う新しき教育』より
 
 

1227
27日 社会を救う事は事故を救う事である
 
吾々の社会は、物理的にはたしかに吾々個人の外にある様でありますが、心的には常に吾々の中にあるものである事を忘れてはなりません。つまり社会を救うことは即ち自己を救う事であり、神と一つの生命を生きることであるという事を忘却してはならないのであります。
谷口清超新書文集6『サラリーマンの精神衛生』より
 
 

1228
28日 「今ある幸福」に感謝せよ さらに大きな幸福が来る
 
「今ある幸福」が、どんなに小さいものであろうとも感謝することである。「感謝の念の中にこそ汝はわが姿を見、わが救いを受けるであろう」(大調和の神示)と神は示し給うている。感謝の念は神の国に波長が合い、神の国にある一切の善きものを現象世界に再生することができるのである。
谷口雅春著『人生の秘訣365章』より 
 
 

1229
29日 「求める心」を捨て「与える心」を持て
 
病人や色々の問題で苦しんでいらっしゃる方は、もらうことばかり考えて、与えることをわすれているのであります。同情を求める心は、自分を同情されるにふさわしい姿にしてしまうのであります。「与える心」――愛の心――は、一切を生かし自分を幸福にするのであります。
谷口清超新書文集1『もっと深く愛そう』より
 
 

1230
30日 仕事はその人格から流れ出る生命の足跡である
 
仕事は人格から流れ出る生命の足跡である。足跡を浄めんと欲すれば、生命そのものを浄めなければならない。人格が完成されるとき、はじめてその人の足跡は光を放つ。そこにはもはや文学も法律も道徳も宗教もいらない。渾然として一体なる「生命」があらわれるのである。
谷口清超新書文集2『神は生きている』より
 
 

1231
31日 感謝を言葉や態度に表せ、人生は大きく変化する
 
感謝は、「ありがとう」という言葉の力で汲み出すのです。なんでも、「ありがとうございます」という言葉を心に重い、口に出し、実行するのです。ただ「ありがとう」とさえ思えば、その思いは「心」を潤す油となって、人と人との摩擦はなくなり、人生は順調にゆくようになります。
谷口雅春著『人生読本』より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例