6日、7日、8日、9日、10日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成14年、2002年版
 
1406

6日 愛の言葉は、相手を生かし自分も生かす
 
柔らかく温かい感じのする言葉は、相手を生かすとともに自分自身をも生かすのである。言葉は創造主であるから、柔らかく温かい感じのする言葉を使うように心掛けていると、次第に自分自身に温かく柔らかい性格が養成されるようになり、容貌までにも温かく柔らかい感じがあらわれて来るのである。
谷口雅春著『新版 女性の幸福365章』より
 
 
1407

7日 病気は悪くなるのではない。浄化への道である
 
病気とは、心の中に何か不調和なものがあるのが病気である。肉体に不調和があらわれたこき、先ず吾々は、その“痛み”に「よくぞ警告を与えて下さった」と感謝し、自分の心の中に如何なる不調和があったかを反省し、それらを心から放ち棄てるようにすれば病気は消えてしまうのである。
谷口雅春著『新版 真理』第10巻「実相篇」より
 
 
1408

8日 先祖を大切にしよう、その家は栄える
 
親と子と孫と祖父母とご祖先とは「命の樹」のようなものである。ご祖先は根っこにあたり、子供や孫は枝葉や果実に当たる。だから仏壇や神棚などに毎日お経を誦げ、線香やお花等をお供えするのはとても良いことで、こうして「命の樹」が栄え、良い果実(子供や仕事などの成果)が実ることになる。
谷口清超著『美しい国と人とために』より
 
 
1409

9日 人類に献げること最も多き者が、最も多くの幸せを得る
 
世の中で偉人と言われる人は皆ひとに愛行をほどこし、深切をし、奉仕した人です。いたずらに功名心にかられ、富や地位を追いかけ廻したものは、皆最後には没落して悲惨な運命を辿っているのです。多くの人に奉仕し、多くの人々の幸福のために働く事ほど貴い事はありません。
谷口清超ヒューマン。ブックス1『愛と祈りを実現するには』より
 
 
1410

10日 内なる心を支配するものが、外なる環境を支配する
 
外なる環境は、すべて内なる心によってつくり出されたのであり、「環境は心の影」であります。自己の心を自由自在に処理しうる人のみ、凡ゆる環境に処して、それを自由に変化することが出来るのです。環境を変化するというよりも、むしろ、自分の欲する環境がそのままあらわれて来るのです。
谷口清超新書文集2『神は生きている』より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例