11日、12日、13日、14日、15日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成14年、2002年版
 
1411

11日 「善くしてやろう」ではなく、「すでに善いのだ」と思え
 
善くしてやろう、という想念は相手を害し、すでに善いとの想念は相手をよくするのです。決して相手を縛って導こうとしてはなりません。相手の「神の子たる善さ」を信じてその自由にまかせておくのです。かくて人は本当の自由にまかせられるとき、正しく生きるようになるのであります。
 
 
1412

12日 父母が明るく仲がよいと、明るいよい子が育つ
 
人はみな、その教育を最初に家庭の父母からうける。だから父母が明るいと、明るい心の子が育つ。父母が助け合い、深切な行いをしているならば、自然にそれが子供に伝わり、彼らの一生を明るく、楽しく、助け合いの人生とするのである。小さいころから子供に「よいこと」を教えることが大切である。
谷口清超著『幸せなわが家から』より
 
 
1413

13日 神の心を心としたとき、永遠の価値ある仕事ができる
 
もしあなたが世界的な仕事をしたいと思うなら、神のみ心が、そのままその人の心であるような人物になれ。そうすれば間違いなく「世界的仕事」を成し遂げることができる。何故なら神が凡ての創り主であり、真の世界の支配者だからだ。神の心を心とした者は、永遠の価値ある仕事ができるのである。
谷口清超著『理想国へのご招待』より
 
 
1414

14日 愛の実践はあなたに長寿と幸運を約束する
 
〝神の子”たるあなたには神の愛が宿っているのである。あなたが、内に宿る神の愛を外にあらわして、常に人々に愛を施し、常に人々に深切を尽くすならば、そこに神があらわれるのであるから、あなたに於いて、神の無量寿があらわれ、あなたは長寿の生命を生き、老いる事がなくなるのである。
谷口雅春著『神と偕に生きる真理365章』より
 
 
1415

15日 困難は内なる能力を引き出してくれる〝味方”である
 
困難は〝敵”ではないのである。それはあなたの中にある力(能力)を引き出してくれる〝味方”なのだ。それ故困難を恐れたりしてはいけない。今は「難しい」と思っても、その困難を引き金として、力を出し、努力して行くと、やがて「易しい」と思えるようになる。
谷口清超著『「人生学校」はすばらしい』より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例