26日、27日、28日、29日、30日、31日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成14年、2002年版
 
1426

26日 何事も楽しく悦んでやれば、無限の力が湧き出る
 
何事をやるのでも、たのしく生々と、のびのびやることが大切である。いつも悲壮感を漂わせ、しかめつらをし乍ら、ハチマキをしめ歯をくいしばっていると、実力が出て来ない。もっとおおらかで、のびのびと「神の子・人間」の人生をたのしもう!そうすれば、あなたはどんどん伸びる。
谷口清超著『愛と希望のメッセージ』より
 
 
1427

27日 よい事は「今」すぐ、思い切ってやろうではないか
 
新しく、有意義なことを、やり始めよう。人は誰でもやりたいことが一杯ある。それらをすぐやり始めよう。「やっても、三日坊主だから」と、最初からやらないよりも、三日坊主でもよいからやり出せ。するともしかしたら四日、五日と続くのである。そこから、必ず新しい人生が開けてくる。
谷口清超著『伸びゆく日々の言葉』より
 
 
1428

28日 「与え切る」生活をする者に、無限の富は流れ入る
 
もし私たちが「与え切る」生活になるならば、真空のところを、空気が自然に埋めるように、宇宙に満つる富が、自然に埋めてくれることになるのである。富を造ろうと思うならば、先ず「与える」ことによって、「富」の流れ入るために真空状態を造らなければならないのである。
谷口雅春著『新版 希望を叶える365章』より
 
 
1429

29日 「祈り」は、神と人間との不可欠の交わりである
 
人間が神の声明から生まれたる神の子である以上、神と共に静かに語る時間を持つと云う事は、親子が静かに語る時間を持つと云う事であって是非とも必要なる当然の行事である。祈りの時間とか神想観の時間とかは神と静かに語る時間である。神に感謝して、純粋に神と対話する時間である。
谷口雅春著作集第1巻『光明法語<道の巻>』より
 
 
1430

30日 人を外見で判断するな。内なるその人の神性をみよ
 
人間をその外見や、服装や、生活習慣によって判断してはならない。実相を見てその「神性」(仏性)を拝まなければならないのである。どんな人も皆、神の子であり、その神の子の性質が何人にも宿っているのであるから、どんなに悪く見える人も、その奥に神性が輝いているのである。
 
 
1431
31日 幸せになるには、小さな善の積み重ねが必要である
 
人はとかく小さなことをないがしろにする。ちょっとした言葉でも、人の心を傷つけることがある。それを続けていると、ちょっとが大事件にまで発展する。だから小事をあなどり、「これくらいはいいや」で日々を過ごしてはいけない。幸せになるには、小さな善いことの積み重ねが必要である。
谷口清超著『幸せへのパスポート』より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例