6日、7日、8日、9日、10日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成15年、2003年版
 
1506

6日 強く明るい信念の持続こそ、希望実現の原動力である
 
失敗と成功とは外界の条件によるような外観を呈するかも知れぬが、
その外界の条件を動かすものは心の力なのである。心に“希望する
状態”の光景を強く描いて持続し、真剣に努力を続けるならば、
外界の条件そのものが変化して、あなたの希望実現に道をひらいて
協力してくれるようになるのである。
谷口雅春著『人生の秘訣365章』より
 
 
1507

7日 “愛”こそが、すべてを癒し救う力である
 
愛深きまなざしは、凡ての不完全な姿を消滅せしめるのである。
そのはただ単にセンチメンタルな表面的な眼つきの事ではないので
ある。愛そのものを以って眺めるとき、自他は一如なるが故に、
そこには悪しき姿がないのである。「愛深きまなざし」とは
大いなる神の癒しである。
谷口清超ヒューマン・ブックス1『愛と祈りを実現するには』より
 
 
1508

8日 人は愛によって甦り、無限の能力を伸ばすことが出来る
 
人間は愛によってよみがえるのです。愛が人間をして本当に人間
たらしめるのであります。愛がない時、人間はイビツに成長する。
それは丁度石の下にしいられた花のようなものです。私達がその
石をとりのけ、「愛」をふりそそぐならば、やがて立派な実を
結ぶことが出来るのであります。
谷口清超ヒューマン・ブックス10『愛は凡てを癒す』より
 
 
1509

9日 夫よ妻よ、コトバで態度で愛を表しているか
 
「愛情の表現」が出来ていないと、折角お似合いの男女同士が
結婚しても、中々本当の楽しい家庭生活が出来ないのだ。夫婦
ならば、相手が自分と共にいる時、一番たのしそうでいてもらい
たい。それは愛する者は誰でもそう思う。愛は悦びであるから、
それをコトバや表情に現してもらいたいのだ。
 
谷口清超著『あなたを解放するもの』より
 
 
1510

10日 神は自分の外にあるのではない、自分の内なる神を
生かせ
 
神というものは自分の外にあるのではない。自分が神の子である。
神の子であるから自分そのものがまた神である。他に神を求める
におよばない。自分の内の神様を生かすようにすればよいので
ある。自分のうちに宿っている神性を信じてそれを出すように
すれば病気も治るのである。
谷口雅春著『生命の實相』頭注版第3巻より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例