1日、2日、3日、4日、5日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成24年、2012年版
 
2401

1日 人生は、神の子の表現の舞台である
 
神さまの御心を生きるのが、神の子・人間の使命です。知恵と愛と命あふれる生活を送ることが、私の使命であり、生き甲斐です。人生は、神の子の表現の舞台です。この舞台があるからこそ、私は自己内在の神性・仏性を表現し、すべての人々とともに、すべての生物とともに、喜びを分かち合うことができます。
谷口雅宣著『日々の祈り』より
 
 
2402

2日 愛は愛を呼び出し、敵と見える者を味方に変える
 
愛は愛を呼び出し、反抗するものを柔順ならしめ、敵と見える者を味方に変えることができるのである。愛は調和を引きつける磁石である。如何なる寂しさも憂鬱も、愛のあるところには消えてしまうのである。愛は神である。あなたは“神の子”であるから愛に満たされているのである。
谷口雅春著『新版 栄える生活365章』より
 
 
2403

3日 笑いは健康を増進し、運命を好転させる
 
「笑い」というのは人間が他の動物と異なる最大の特徴の一つでだが、この笑いには不思議な力があるということが医学的にも認められている。人は嬉しいと笑い出すが、笑っていると嬉しくなってくる。しかもそれが免疫力を高め健康を増進するし、運命をも好転させるのである。
谷口清超著『生と死の教え』より
 
 
2404

4日 肉体は魂の学習のための道具である
 
肉体は魂がこの世で学習するための道具であり、いずれは脱ぎ捨てていくべき、“宇宙服”である、と生長の家では説きます。肉体をもった人生は、したがって“魂の修行”や“魂の学習”が目的ですから、肉体の快楽や、それを保証する金銭や名誉を得たり、増やしたりするのが目的ではありません。
谷口雅宣著『小閑雑感Part7』より
 
 
2405

5日 庭の雑草一本にも、美を見出すものは富める者である
 
庭の雑草一本にも、小さき虫の啼く音にも、白雲の行き交いにも、美を見出すものは富者である。(中略)味わうことは本当に受けることである。(中略)財は乏しくとも、凡ゆる事物に存在する美を、その意義を、その宜しさをしみじみと味わうことの出来る者は既に富める者である。
谷口雅春著『新版 幸福を招く365章』より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例