21日、22日、23日、24日、25日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成24年、2012年版
 
2421

21日 神は生命の歓喜によって大自然を創造した
 
神は生命の歓喜によって大自然を創造したのである。美しい緑の若葉は神の生命の歓喜を物語る。牡丹の豊艶なる、海棠の優艶なる、白百合の清楚なる、桜の爛漫たる、梅花の弧峭なる・・・数えれば限りはないが、いずれも神の生命の歓喜の発露であるのである。
谷口雅春著『新版 光明法語<道の巻>』より
 
 
2422

22日 父母が子供を愛するように、子供も父母を愛している
 
子供は生まれつき父母を愛し、信頼しています。だから父母の生活にひどく心を動かされます。(中略)従って父母の生活態度はとても大切です。子供の心をよくもするし悪くもします。不幸にもするし、幸福にもするのです。とても大きな責任を負っているということができるでしょう。
谷口清超著『父と母のために』より
 
 
2423

23日 神の創造された世界に欠乏や不足はない
 
もし私が欠乏を感じているならば、それは神の与えられている「恵み」の方向を見ず、一時的に「欠けた」と感じる方面にのみ注意を向けているからである。肉眼を閉じ、肉体の嗅覚や聴覚に頼ることなく、神の無限供給を観ぜよ。神の無限供給の大海の只中にいて、不足を心に思い描くことなかれ。
谷口雅宣著『日々の祈り』より
 
 
2424

24日 神にふり向く行事が“神想観”である
 
吾らは“永遠の光明”とでも言うべき、消えない光、燃えつきてしまわない光をもとめなければならない。永遠に燃えつきてしまわない“久遠の光”は“神”である。“神”の方に常に“心”を振り向けるがよい。その“久遠の光”なる神に振り向く行事が“神想観”なのである。
谷口雅春著『真理は生活にあり』より
 
 
2425

25日 明るくてうれしそうな顔は、明るい言葉そのままである
 
楽しい団らんには、各人が明るくて気持ちのよい話題を選ぶしかありません。だからその人たちの顔が、すでに本当の団らんになるかどうかを予告しています。明るくてうれしそうな顔は、明るい言葉そのままです。だからむつかしい顔付きをほぐすことから始めるとよいでしょう。
谷口清超著『新世紀へのメッセージ』より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例