1日、2日、3日、4日、5日の言葉

スポンサードリンク

生長の家 めくりカレンダー ひかりの言葉「日訓」平成26年、2014年版
 
PA050432

1日 人生は、自分の心の表現である
 
私たちの人生は、ただ自分の心が現したところのものです。だから、我々の心が「実相」や「仏」のことをよく知るほど、我々の人生は素晴らしくなる。我々は自分の本質が何であるかということに気がつくと、それを表現したくなるのです。
谷口雅宣著『生長の家ってどんな教え?』より
 
 
02

2日 光の中を歩め。必ず美しい世界が現れてくる
 
たとい暗黒に覆われた陰鬱な日でも、雲の上には太陽がある。その太陽が、必ずいつか顔を出す。そのことを常に心に把持し、光を求めて生き抜こう。人生に光を見、光明の輝く所のみを求めていると、光は出て来る。(中略)人の美しさ、善良さ、すばらしさのみを追求し、光の中を歩め。
谷口清超著 『理想国へのご招待』より
 
 
03

3日 天地一切のものと和解せよ
 
「天地一切のものと和解せよ」というのが生長の家の根本的教えである。「和解するとは感謝することである」と教えられているのである。人間という存在が、決して自分一個だけで存在するのではなく、数多くの恵みの中に生かされているのだという真理を知ることが根本である。
谷口雅春著 『新版 栄える生活365章』より
 
 
04

4日 神は無限の富をすでに目の前に与え給う
 
高い山、深い森、豊かな水、複雑な地形、変化に富んだ気候、そして多様な生物。人間社会は、それらに支えられて存在してきた。だから、それらを破壊することで、人間社会が豊かになるはずがないのである。(中略)人間は他の生物と助け合うことで豊かな生活を初めて実現できるのである。
谷口雅宣著 『次世代への決断』より
 
 
05

5日 生命力とは「生きる力」であり、生きようとする意志である
 
人の心は肉体の主人公であり、肉体を動かし、力づけ、調整する力をもっている。だがこの力はいつも自動的な働くのではなく、自分で働かせようとしなければならぬ。どうしたら働くかというと「生きていて嬉しい」と思うことだ。そう思い、感謝し、感動すると、生命力がもりもりと湧き上がってくる。
谷口清超著 『明るく楽しく人生を』より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

平成27年、2015年版

平成26年、2014年版

平成25年、2013年版

平成24年、2012年版

平成15年、2003年版

平成14年、2002年版

平成13年、2001年版

平成12年、2000年版 

平成11年、1999年版

平成6年、1994年版

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所婚活ブログ斎藤一人特約店ひとりさんファン銀座まるかん彩塾 体験談
Copyright(c) 2015 公式 生長の家日めくりカレンダー日訓研究所 All Rights Reserved.
光熱費の削減効果例